2010.09.22 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.06 Tuesday

あした、なに着て 生きていく?

 「エッセイ」のカテゴリで書くと、異様にアクセス数が伸びている 笑

このブログのニーズはAmeba時代に引き続き、心の声のようだ



でも、今日は広告の話しちゃいますけどね






" target="_blank">




最近、僕ら未来のコピーライター達の間でこのCMのコピーが話題になってます。

「あした、なに着て 生きていく?」


宮崎あおいがブルーハーツの1000のバイオリンを歌っている事も大変印象的で、かわいさ抜群ってことが話題に。(映画ソラニンの公開もあって、彼女の歌が注目されているのもあるけど)

彼女のかわいさについては、言うまでもない事だけど、CMの最後で流れる上記のコピーが素敵



男も女も、ホントはそう。「明日、どんな服を着て、どんな自分でいて、どんな目で見てもらおうっか?」、そう思ってる。でも、慌ただしい毎日の中で、クタクタで帰宅して、明日の格好を考える余裕もなく、女はメイクを落とし、男はマスをかき眠りにつく

でも、深夜の自分って、半分明日の自分なんだよね。明日にむけて、備えているわけだから。どの行動も、そう。



うっすらだけど、みんな明日を見つめてる。デートの予定がある人も、トンネルの出口を探している人も、ルーティンワークをこなしている人だってそう。誰にだって、明日はくる

その日に着る服によって、その日の気分が決まるとかいうし、つまりは「どんな自分を生きるか?」って事になる。


日常にある、普遍的な行動に意味付け・価値をもたらした児島怜子さんのコピーはスゴい!!




こんな、さりげなくも「kizuki」のあるコピー、書きたいな




2010.04.01 Thursday

人生の先輩からの言葉

新年「度」、あけましておめでとうございます。

ブログにいらしてくれる方の中に、新社会人になる方も、心機一転の一歩を踏み出す方もいると思います。
自分も4月末に新天地に移籍するので、プチ・フレッシュマンです。

お互い、頑張りましょう。やってやりましょう!!



さて

そんなフレッシュな皆様、
「入社当時はフレッシュやったけど、ちとくすんできてもうた」という過去系な皆様に、

アサヒ「WONDA」一日限定CMより、Gackt課長と市原隼人先輩からのメッセージをお聞き下さい。本日限定のCMですよ













第一生命の株が52株、手に入りました。マンション、買えるかも

あぁ、今日は4月1日ですね〜w
2010.03.23 Tuesday

江戸から明治、平成から未来への変遷

今夜のtwitterのTL上でラピュタのバルスばりに話題にあがっていたNHKスペシャル「メディア激震」を観ていました

すさまじい勢いで番組に対するtweetがあがってきて、「あぁ、テレビがインタラクティブになってる」と、過去に嫌な思いをさせられた(取材を受けた)NHKに感心していたのです・・・が・・・

肝心の討論内容がひどくてひどくて



番組の趣旨を一言でまとめてみると、つまりは

「これからのメディアの在り方、将来はどうなるのか?」ということ



これまでの日本を支えてきた、マス界の長老はひたすらに「テレビ・新聞は絶対的存在で、あくまで不景気の影響を受けているにしかすぎない」と主張。

対してドワンゴの川上さん、ITジャーナリストの佐々木さんらはそれに対して意見を返さざるを得ないばかりで、議題の本質になかなか到達しない。議長から見て左側の、いわゆる「ネット派」の方々が議論の主導権を握っていればいいものの、長老たちがすぐに反論しーの、「素晴らしいんだよ、マスは」、という誇示としか言いようのない意見で主導権を握りなおす。1時間半の番組のほとんどは昔話で終わったような、そうでないような

確かに長老の「ネットは利用出来る人しか利用出来ない」という意見は理解できる。宮崎はネットの普及率が全国ワースト5の県で、mixiの普及もモバイル版の登場・整備が終わったあとだった。「twitterって知ってる?」、なんて聞けるわけもない。うちの母は、いまだに天気予報を探しにいかない、モバイルでも出来るっていうのに・・・




ただ何度も言うが、インターネットは海なんだ。海があるから、世界は一つ。海があるから、世界は繋がっている。それなのに、今日の長老達(厳密にいうと、一人だけど)は鎖国を貫こうとしている。

最近、ネットでラジオが聞ける「radiko」が登場した。ラジオこそ、「ながら」視聴のメディアだから、ネットとの相性は抜群で、自分も「あー、やっと出来てくれたかー」とうれしくなるコンテンツだ。未熟な僕の予想だけど、これでラジオの広告収益は若干プラスに転じるんじゃないかな、って思ってる。ビジネスモデルに限界のあったものだが、ネットとくんだことで、より多くのリスナーを獲得する事が出来ると思う

しかし、今の日本を築き上げたマスメディアには古い体質、捨てきれないプライドがある。「ネットと協力して、これからのテレビを・・・」とか言ってる時点で、上から目線で、あくまでテレビありき、の意見




ちゃうよ、協力じゃなくて、同盟だろうよ



この続きは近日書きます。この三連休、まともに休んでいないのでお許しください。おやすみなさい






2010.03.16 Tuesday

「別に」とか言わないで読んでほしい

別に「広告のこと」にカテゴライズしなくてもいい話題なのですが、いちお、ね 

世間では沢尻エリカが復帰した事が大きなニュースになっていますな。あの映画の発表会見の「別に」発言で物議を醸し、マスコミを敵にまわしてしまいました。その後も、ノリピー騒動の玉突き事故のような形で薬物疑惑をかけられたりと・・・ 

女優として、演技のクオリティが非常に高く、職人肌の彼女は、番宣等であまり露出しなくてよかったんです。役作りのために、何ヶ月も前から仕込みをし、クランクアップ後も役柄を葬るためにまたインターバルを置くと聞きます。



今回の復帰会見も契約事項等があり、かなり問題になっていますが、夫である高城剛氏がとても素敵なコメントを、ブログを通して「妻」に送っています。


 僕は特にこのメッセージが好きです。下記、高城氏ブログより転載です 

 「今まで、君が何度も仕事を辞めたいと言ったときに、僕は一言だけ言いました。 いままでの仕事上、信頼できる人がひとりもいないならいいけど、 ひとりでもいるなら、その人たちがいる限り、出来ることは最後までやるべきではないのだろうか、と。 だから君は、信頼できる仕事仲間と、自分が納得できる良い仕事を時間をかけてしっかりやるべきです。 そして、その仲間や応援してくれる人が一人でも多く増えれば増えるほど、僕は本当にうれしく思います。 信じるに値する人は、絶対にいると僕はいつも思います。今まで、君が何度も仕事を辞めたいと言ったときに、僕は一言だけ言いました。 いままでの仕事上、信頼できる人がひとりもいないならいいけど、 ひとりでもいるなら、その人たちがいる限り、出来ることは最後までやるべきではないのだろうか、と。」



読んでまず、素敵やな、って感じました。高城剛氏の下で働いていた方と以前、お話しさせて頂いて、予想通りの人だなと感じましたが、やはり「愛」にまっすぐな少年のような大人ですね。 

挨拶の事にも触れていますが、確かに彼女はそこが決定的に足りていないと思います。でも、マスコミの報道・表現を鵜呑みにしてはならないと思います。こんなモノが売れない時代、売る事に躍起になっているわけですから。本来、報道に、ニュースにクリエイティブは必要ないと僕は思っているわけです。 

沢尻エリカには、高城氏という最高のパートナーであり、ライバルであり、仲間がいるから、きっとうまくいくと思っています。彼女ほどの女優は消し去られるべきでないと思います。報道のまんまの彼女やったら、きっと誰も信頼の出来る仲間はいないわけで、復帰だって出来なかったでしょう。それだけ彼女には、内面的な美しさや魅力があるのでしょう。

「パッチギ」や「1ℓの涙」等で見せてくれた、女優・沢尻エリカに期待したいですね 



以上、芸能人の話題を書いた、珍しいエントリーでした
2010.03.11 Thursday

mixiってる?

日本を代表するSNSであるmixiがCMを8日から開始したようです。九州地方は放映されないようですが・・・ちなみに媒体費は約3億とか




僕らがちょうど就職活動中の時がmixiの人気が爆発している時で、よく説明会後に「mixiやってる?」というのが、つながりのキーワードになっていましたね(もう4年前かよ・・・)

新しいSNS、ソーシャルメディアの登場やtwitterの台頭もあり、アクティブユーザーがめっきり減ってしまったように思えます。僕のマイミクのログイン具合も悲惨なものになりつつありますし・・・

そういった現状もありーので、莫大な予算を投じてのプロモーションに打って出たのでしょうね


卒業の季節ですし、ユーミンの曲も的確ですし、映像もええ。でも、「mixiってる」で「つながってる」と呼ぶのは・・・わかるけど、定着するかなぁ・・・



「ボクらはmixiでつながってる」とか、「これからも、キミに会える」みたいなシンプルなコピー・コンセプトでいいんじゃないのかな、って思います(代理店は電博のどちらかとして、制作会社・コピーライター誰だろう・・・)




2010.03.09 Tuesday

英:ナイキのCF

やっぱり、NIKEのCF、クオリティたけっ!!トーレスの不敵な笑みがいい 笑 

ちなみにルーニーの首が異様に太いのは、ボクシングのやっていた影響かと・・・

 
2010.01.15 Friday

兆し

 おはようございます。本日は業務前のウォーミングアップがてらに更新です。

 まだ脳もしっかり起きてないのに、アクセルをめいっぱい踏み込んで原稿書こうとしても、
車のバッテリーが上がって馬鹿になっちゃうように馬鹿になってしまう。エンジンを温める時間ってとっても大事



今日は先日あった出来事に関してのお話。下の広告をご覧下さい。




















「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う」



ビジュアルもさることながら、綺麗な表現です。実際、この広告について意見しているブロガーの反応は「素晴らしい」の声が多かった。たしかにコピーや広告を意識してみている人には「チク」って感覚になると思う。

でも逆に、広告なんか興味ない人はコピーとかほとんど見てないということ。先日、デートしている時にこの広告に出会ったんだけど、そのときの彼女の一言で感じた



「あのコピー、意味わからないんだけど・・・」



下りエスカレーターでぼやっとしていたボクは、何を言ってるのかわからなかった。すぐにその広告、コピーを確認

全く広告に注意を払ってなかったので、自分もこのコピーはなんのこっちゃと思った。その後、反芻するように考えてみると、「あぁ」っと思えた。企業広告(これってSPなのかな?)として、グラフィック・コピーともに秀逸だと思う、さすがH報堂。

でも、本当、広告なんか誰も見ていないし、見たくない。「嫌い」だという人も実際に多い



広告って「瞬くドラマ」だとボクは思ってます。一話完結、その後はあなたの頭の中でどうぞ的な。



いろんな仕組みから広告を、コピーを考えられたらいいなぁっって思います。そのためには・・・はい、具体的なワードは出さないことにしましょう



・・・10年後

女子大生A「あの広告、素敵だよね〜。」
女子大生B「うんうん、なんか心がほっこりするっていうか、優しい気持ちになれる。」
女子大生A「あー、買いたくなっちゃった。あー、あのコピーを書いてる人なら抱かれてもいい」

ボク「有難う御座います。あのコピーは絞って絞って出てきたものなんです。そういう風に褒めて頂いて、光栄です」



的なやりとりがBarで・・・雑念だな、こりゃ





Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored Links
twitter
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM