<< 60日余りのこれから | main | コピーライターである以前に、コンセプターであること >>
2010.09.22 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.03.06 Saturday

1年の24分の1が、ふるさとで過ぎてった

書こう、書こうと思うてたんですが、春の訪れと共に、振りまかれているのでしょう、眠りの粉。

 夜、異常に眠くて眠くて、全然自分のしたいこと出来ずにいました(まぁ、夜眠くなるのは健康な証拠なんやけど) 



 実家に戻って2週間ほどたちました。ようやく宮崎の、ゆるりとした時間の流れにも慣れ、課題であった読書も着実にすすめております。病床の父親も、自分が帰省してからは食欲が戻り、顔色もだいぶ良くなってくれました。「父として、息子に弱った姿は見せられん」という男にしかない、不器用なプライドがそうさせているのでしょうか。まったく、親父の男臭さにはかなわんもんです 



2007年の暗黒時代も含めると、約3年、東京での苦しい生活を経験してきたわけで、久しぶりのロングバケーションと言えるこの日々。もちろん、物足りなくて焦燥感に苛まれて、苛立って、落ち着いて、また焦って 感情のコントロールが非常に難しい、デリケートな時期ですが、周りの人々が醸し出す、南国独特の穏やかな空気感に触れていると緩やかな気持ちになれます。ここに「ホノカアボーイ」の長谷川潤みたいな子がいれば最高なんだろうが・・・いや、恋愛とかしてる場合ちゃうな 



 好きな人はいます 



 でも今は恋愛している場合ではないと考えたりもしてます。でも好きなんだよなーとか、利己的な感情クンがガシガシと乗り込んでくるのですが、無失点で一日を終えさせてもらってます。やるな、俺のブッフォン(イタリア代表GK) 

*一般的な恋愛感情ってものは決して利己的なものではないので、変に受けとらないでください 



 4月下旬からは過酷な労働環境が待ち受けているわけでありますが、前職時代になかなか味わえなかった「疾走感」を感じられることに感謝し、ホンマモンの僕らしくガンガン提案→企画と攻めていきたい 

 詳しいことは明日(・・・書けたら)にでも



お別れはこのナンバー。今、話題の 「トイレの神様」をお聴きください。泣けてきますので、嗚咽に注意
2010.09.22 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored Links
twitter
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM